HTML #head

 

 

f:id:hrt0kmt:20131117113318p:plain

 

■ 要素 属性 性質

HTMLでは、文書を作成する際に要素をタグで指定していきます。

要素(element)とは該当のタグで仕切られた空間の中で、どのような役割を持つかを決めます。

要素には属性(attribute)を指定でき、各要素に性質を持たせることができます。

属性は値を指定し、どのような性質を持たせるかを指定します。

 

■ DOCTYPE

HTML4.01では、作成する文書のDTD(Document Type Definition)のversionを示すため、下記のように記していました。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN" " http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">

 

HTML5では下記のように記します。

<!DOCTYPE html>

■ meta要素

metaは付加機能の追加といったような意味です。

("後に"、"変化して"などの意味があります。)

 

MIMEタイプ

MIMEタイプを指定して、サーバやブラウザにファイルがどのような種類かを教えます。

 

<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">

内容はtext/htmlで書かれたhtmlファイルで、文字コードUTF-8ですよ〜。

 

html5では文字コード指定は下記でよいです。

<meta charset="UTF-8">

 

<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">

onclick=""等で呼び出すスクリプト言語はtext/javascriptですよ〜。

html5では記載の必要はなくなりました。)

 

■ link要素

・rel属性

<link rel="stylesheet" type="text/css" href="css/kube.css">

スタイルシートを定義して、タイプはtext/css、場所はcss/kube.cssにありますよ〜。

 

いちごいちえ

いちごいちえ