function 関数

処理を汎用的に使用するために、関数を用います。

function 関数名(引数の変数) { // 関数定義
    処理;
}
関数名("値"); // 関数呼び出し


function comeon(name) {
    return "comeon" + name; // 返り値
}
var foo = comeon("baby");
console.log(foo); // comeon baby

  • ローカル変数

関数内で定義した変数は関数内でしか使えません。

function comeon(name) {
    var foo = "comeon" + name; // ローカル変数
    return foo();
}
var bar = comeon("baby");
var foo; // not undefined
  • 無名関数

上記と内容は同じです。

var comeon = function(name) {
};

  • 即時関数

呼び出した直後すぐ実行します。

(function (foo) { // 関数名も省略可能
    console.log("bar" + foo);
})("value"); // bar value



Summer

Summer