データベースの正規化について

正規化とはリレーショナブルデータベースにおいて重複データをなくし、ロジックとして一意性を持たせたテーブル同士を結合するよう再設計すること。

基本的にはアトミックデータ(データベース上でブレークダウンした最小のデータ)を考慮する必要がある。

正規化することのメリット

  • 正規化することにより重複データが減り、データベースのサイズを減らすことが出来る。
  • データが軽くなることによりクエリーが早くなる。

正規化することの注意点

  • カラムがアトミックかどうか
    • 同じカラムに重複する値を持っていないか
    • 複数のカラムに重複するデータがないか
  • 主キーは各テーブルに割り当てられているか
  • お互いにキー以外のカラムが依存していないか
    • そのカラムのデータを変更した場合、他のデータも変更する必要が出てこないか