2014年11月17日国内総生産速報値発表

GDPについて

GDP(国内総生産)は換言すると、日本全体の儲けといえる。

GDP = 売上高 - 原材料費

GDP≒給料

GDPの変動は給料に直結するといっても過言ではない。

値上げ

消費税増税に次いで、野菜、ガソリン、水産物などが値上がりしている。

値上げの原因
  • 天候不順 -> 野菜の高値(日照不足 長雨)
  • ガソリンの高値(167円40銭) -> 原油高 円安(不安定な中東情勢)
  • 日本水産 -> 原油高(船の燃料高騰)
アベノミクス

円安により輸出が増え、企業が儲かることを狙いとしていますが、ガソリンの高騰・仕入れ価格(原料費)の上昇・物が売れず企業の儲けは逼迫している。

GDP年率換算の発表

2014年4~6月GDP年率換算が-7.1%であり、個人消費は-5.1%に留まりました。東日本大震災よりもを上回るマイナス成長です。4月の消費税増税による消費の落ち込みが原因と思われる。

2014年11月17日、7~9月期のGDP年率換算が発表されます。それにより消費税を上げるかどうか阿部首相は決定する。

参照