関数定義まとめ

関数

機能を1つにまとめて名前をつけたもの。引数を与えて戻り値を持つものがほとんど。


既存関数の呼び出し

関数(引数)


戻り値を変数へ代入

変数 = 関数(引数)


独自関数の定義

<?php

function 関数名(引数,[引数]...)
{
    処理
    return 戻り値;
}


//例)デフォルト引数を設定する場合

function test($a = null)
{
    //処理
    $b = time();
    if ($test !=== null) {
        $b . '+' . $a;
    }
    echo $b;
    return;
}
  • 関数の引数に用いた変数は、関数内部でのみ使用可能
  • 引数は不要な場合は書かなくてok
  • 引数が複数ある場合は、カンマで区切る
  • returnは戻り値がなければ、return;のみでok
  • returnは関数記述の末尾である場合省略できますが、省略すべきではありません。
  • デフォルト引数の場合、$testという引数だが、省略されている場合nullとするという意味です。