Android studioでapkを書き出す

環境

  • Homebrew 0.9.5 (git revision 720c; last commit 2016-01-26)
  • MacOSX 10.11


Android studioのインストール

事前準備

brew caskでインストールすると~/Applications配下へインストールされてしまうため、環境設定ファイル(.zshrc等)へ/Applications配下へ入るよう設定を記述する.

# Homebrewで入れたアプリのインストール先を~/Applicationsから/Applicationsへ変更
export HOMEBREW_CASK_OPTS="--appdir=/Applications"


android studiobrew cask install でインストールする

JavaAndroid-studioをインストールする.

% brew cask install java
% brew cask install android-studio


Android studioの立ち上げ

% open /Applications/Android\ Studio.app


KeyStoreの作成

  • Key store path: key store保存先.
  • Password: key sotreのパスワード.
  • Confirm key: storeのパスワードの再確認.
  • Alias: 任意のキー名称(appとか適当に).
  • Password: キーのパスワード.
  • Confirm : キーのパスワードの再確認.
  • Validity(years): キーの使用期限. 25年以上.
  • First and Last Name: 作者名.
  • Organizational Unit: 組織単位名.
  • Organization : 組織名.
  • City or Locality: 市区町村などを入力.
  • State or Province: 都道府県を入力.
  • Country Code: JP.


パッケージ名変更

本来であれば、画面左下の Build Variants より適宜パッケージ名の変更が可能.

f:id:hrt0kmt:20160129123540p:plain

置き換わらない場合は、強制的に Edit > Find > Replace in Path よりパッケージ名を全て置き換える.


書き出し

ビルドボタンを押せばapkファイルが作成される.

場所は {project_folder}/app/build/outputs/apk へapkファイルが出力される.