Gmailでフィルタを設定し無駄な確認時間を省く

2016/11/11時点の設定(inboxではない)

設定 > フィルタとブロック中のアドレス > 新しいフィルタを作成

上記導線よりフィルタを設定する

<<< 例 >>>

  • 件名: "[休暇]" OR "[欠勤]" OR "[出勤]" OR "[勤怠]"
  • 「受信トレイをスキップ(アーカイブする)」にチェック
  • 「ラベルをつける」に任意のラベル名を付与(出退勤など)
  • xx件の一致するスレッドにもフィルタを適用する。

これで受信トレイには勤怠関連のメールは表示されず、サイドバーのラベルから必要なときに確認を行える。プロジェクトや事務関連のメールも同様に振り分け、効率化する。